読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットマニア

インターネットや格安sim、オンライン英会話などのインターネットサービスの情報をどこよりもわかりやすく解説

WIMAXのプロバイダ比較する際に考えるべき4つの視点

wimax

f:id:ytarorogunnsou2:20160528142840j:plain

WIMAXの契約はどのプロバイダと契約するのがオススメなんだろうか?とお悩みではございませんか?

WIMAXはプロバイダ毎に価格やキャンペーンが異なりますのでじっくり比較することでお得に使うことが出来ますよ。

今日はプロバイダの比較をする際に考えるべき4つの視点をご紹介します。

WIMAXはプロバイダでの契約が一番お得!

f:id:ytarorogunnsou2:20160512142956p:plain

まずは大前提としてWIMAXはプロバイダで契約するのが最も安く使うことが出来ます。上記の表は主要プロバイダ、本家UQWIMAX、家電量販店などでの店舗購入を一覧にしたものです。

月額料金はどれも大差がありませんが、2年間実質総額を比較すると最も高い店舗購入と最も安いGMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~ では4万円近くの差が生じます。(キャンペーンによって価格は変更になることがあります)

ここまで大きな差が生じる原因は「キャッシュバック」の有無です。店舗購入の場合、キャシュバックはありません。プロバイダの場合、会社によって金額は異なりますが最大で3万円ものキャッシュバックを受け取ることが出来るため2年間実質総額に大きな違いが生まれるのです。

このようにWIMAXを契約ときはプロバイダで契約することをオススメします。

 

WIMAXを扱っているプロバイダは20社以上!

プロバイダがお得なのはわかった!じゃあプロバイダ毎に比較してみよう!と思った方。WIMAXを扱っているプロバイダが何社あるかご存知ですか?

WIMAXを取り扱っているプロバイダは全部で20社以上あります!やみくもに20社全部比較するのは時間が掛かりますし、どれにしようか迷う原因です。

まずはプロバイダを比較するときの基準を作ることが重要です。下記はプロバイダを比較するときに基準とすべき事項です。

 

1.月額料金

2.契約内容のわかりやすさ

3.キャッシュバック金額

4.サポート体制

 

プロバイダ比較する際は上記のような基準で比較することをオススメします。

 

1.月額料金

まずは第一に月額料金を比較してみましょう。これから毎月発生する月額料金は安いに越したことはありません。WIMAXの月額料金を比較する際は通信制限7GBの通常料金プランと通信制限なしのギガ放題プランの2つのプランがあることに注意しましょう。

あなたがどちらのプランで使うかによって料金が異なります。

f:id:ytarorogunnsou2:20160512142956p:plain

上記は主要プロバイダの月額料金を比較しています。通常プランの最安が@niftyWImax

 で3,420円、ギガ放題の最安が【So-net モバイル WiMAX 2+】 の4,180円となっています。

主要プロバイダ間の比較でも月額最大500円近くの差があります。年間になおすと約6,000円も異なりますので月額料金も選ぶ基準の一つとなります。

 

とにかく月額料金を抑えたい方は

BroadWiMAX

Broad wimaxはキャッシュバックなどの特典がない変わりに月額費用をグッと抑えた料金でWIMAXを使うことが出来ますのでとにかく月額料金を安く抑えたい人にオススメです。契約時に初期費用は発生してしまうのですがキャンペーン中であれば初期費用も無料で出来る可能性がありますのでかなりお得に使うことが出来ますよ。

主要プロバイダと比較しても月々1,000円前後、年間12,000円ほどの差は生じる業界最安級の金額です。

RaCouponは楽天が運営しているWIMAXでこちらは業界最安の2,080円〜で使うことが出来ますがキャンペーンによって段階的に値段が上がったり選べる端末に制限があったりといくつか縛りがあります。そのため月額料金は若干高いですが不自由なく、月々の費用を抑えたいという方はBroad wimaxをオススメします。

 

2.契約内容とキャッシュバック

先ほどご紹介したように月額料金を基準として比較するのと同時に契約内容を基準にした比較も行なってみましょう。

月額料金以外に発生する費用は下記のようなものが考えられます。

 

・初期費用

・端末代

・付随サービス

・プロバイダ料

・事務手数料

 

きのように月額料金以外に発生する金額も確認する必要があります。月額費用が安くても初期費用が高かったり、月額基本料金以外の費用が発生するとお得感がなくなってしまう可能性があります。

そのためプロバイダ比較するときは2年間の実質総額で比較する方法があります。

f:id:ytarorogunnsou2:20160512142956p:plain

 

 冒頭でもご紹介した通り2年間の実質総額が最も安いのはGMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~ です。初期費用や端末代金といった全ての支払総額を比較することでお得に使えるプロバイダを選ぶことが出来ます。

 

3.キャシュバック

2年間の支払総額を比較するうえで必ず確認すべきは「キャッシュバック」です。キャッシュバックは一定期間経過後に契約を継続しているかを確認されたあとのキャッシュバックとして現金を受取ることが出来るキャンペーンを各社で実施しています。

キャッシュバックは金額が多いプロバイダが良いに決まってるじゃない!と思うのが一般的ですね。

ですが、このキャシュバック。手続きが複雑だったり面倒なためキャッシュバックを受け取り忘れや受け取る期間を過ぎてしまったというトラブルが起こりがちなんです。特に最もキャッシュバック金額が大きいGMOとくとくBBは口コミでもキャシュバックを受け取りにくいという声を良く見かけます。

www.net-mania.net

上記の記事で詳しくご紹介していますがいくつかポイントを抑えればキャッシュバックは確実に受け取ることが出来ます。しかし、契約してから11ヶ月目に手続きをしなければならなかったり、キャシュバックに関する通知がなく11ヶ月目に届くメールからでのみ手続き可能なので手続きを忘れてしまう方が非常に多いです。

BIGLOBE WiMAX 2+ はキャッシュバック金額はGMOと比較すると少ないですがキャッシュバックの受け取りやすさが魅力的なプロバイダです。面倒な手続きをせず、自宅に届く引換券を郵便局に持っていくだけでキャッシュバックを受け取ることが出来ますよ。

申し込み後の簡単なアンケートに応えるだけで13ヶ月後に振替払出証書が自宅に届きます。注意点としては契約した翌月末までに届くアンケートメールを見落とししないことです。このメールでアンケートに答えるのだけは忘れないように注意しましょう。

 

4.サポート体制

WIMAX契約は料金比較ばかりに目が行きがちですが、サポート体制も注意して比較しましょう。WIMAX使用中に起きるトラブルや故障したときの対応も比較する際の基準となるでしょう。

特に仕事で毎日使う人にとっては金額よりもトラブルがあったときの対応速度が重要ではないでしょうか?トラブルがあったのに対応が遅く1週間経ってもなんの対応もないとなったら仕事に支障をきたしますよね。

f:id:ytarorogunnsou2:20160512142956p:plain

 上記表の一番下段には電話問い合わせについてまとめてあります。プロバイダ各社、電話対応の時間が異なります。年中無休で対応してくれたほうが何かあったときにすぐに電話出来ますのでサポート面が充実していると言えるでしょう。

本家UQ WiMAX の場合、年中無休で21時まで電話対応してくれます。月額料金はプロバイダと比較すると高くなってしまいますが、仕事が忙しい人は19時までに電話出来ないため21時まで対応してくれるというのが大きなメリットになるかもしれません。

またインターネット黎明期からサービスを提供している@niftyWImax 【So-net モバイル WiMAX 2+】 はサポート体制やサポート人員の質という点で充実しています。

このように金額じゃなく、トラブルがあったときの対応を基準に比較することも可能です。

 

まとめ

プロバイダでのWIMAX契約を比較する際は月額料金、契約内容のわかりやすさやキャッシュバック、サポート体制といった視点で比較してみましょう。

見た目の金額が安くてもよくよく調べてみると余計な費用が掛かりそう、キャッシュバックが受け取りにくい、サポートセンターの対応に関して悪い口コミばかり目にするといった情報を参考にしながら比較してみてくださいね。