読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットマニア

インターネットや格安sim、オンライン英会話などのインターネットサービスの情報をどこよりもわかりやすく解説

一人暮らしの方でインターネットを安く契約するための秘訣

wimax

f:id:gocchinko55:20160218170318j:plain

一人暮らしを始めようと思っているけれど、インターネットを光回線にすれば良いのかそれともポケットwifiにすれば良いのか迷っているという状況かもしれません。もしくは、インターネットを使おうと思っているけれど、一人暮らしだからできるだけ安い費用でインターネットを使いたいと思っているかもしれません。インターネット契約はスマートフォンと同じような契約になっているケースが多いため、2年の縛りがあり、途中で解約をすると違約金を払わなくてはいけなくなります。そのため、自分に合ったインターネット回線との契約が必要です。今回は一人暮らしにオススメのインターネット回線と契約するべきプロバイダをご紹介します。

インターネット回線は5回線ある

f:id:gocchinko55:20160218170853j:plain

インターネット回線は5回線ありますが、大きくわけると下記の2つにカテゴライズされます。

  • 固定回線の3回線
  • モバイル回線の2回線

どちらにもメリットとデメリットがあるのですが、自宅でしかインターネットを使わない方は固定回線がオススメですし、外出先でもパソコンなどでインターネットを使いたいと思う方ならモバイル回線がオススメです。詳しくは下記よりご説明致します。

固定回線の3回線

固定回線は全部で3回線あります。共通している固定回線の最大のメリットはネット回線が安定しているということです。安定というのは常に早いスピードで使えるという点とデータ通信の容量に上限が無いため、スマホでよくある速度制限などのものが無いという点でも安定していると言えます。

逆にデメリットとしては、引っ越しをしたときに回線の開通工事が必要となり、この工事が完了するのが申し込みから1週間〜1ヶ月程度かかる場合があるということです。それから、契約期間が2年の縛りとなっている場合がほとんどですので、引っ越しするタイミングがこの2年のタイミングでないと解約するときに違約金を支払わなくてはいけなくなるという点でデメリットがあると言えます。

メリットとデメリットについてはご理解頂けたと思いますので、固定回線を一つずつご説明致します。

光回線

固定回線の代表格と言えるのがこの光回線です。通信速度がインターネット回線の中で最も早いというのはもちろんのこと、安定性も抜群です。動画を頻繁に見たりオンラインゲームをしたり、テレビ会議をしたりと言ったデータ通信量が多い使い方をしたい方は光回線がオススメです。

月額料金は4,000〜7,000円程度です。

CATV

CATVは聞き慣れない方も多いかもしれませんが、ケーブルテレビのケーブルを利用して使うインターネット回線のことです。ケーブルテレビを契約する方にとってはCATVも契約をすることで安くなることがあります。速度としては早くすることや遅くすることで金額が異なるのですが、スピードを速くしようとすると光回線よりも高額になってしまいます。

月額料金は3,000〜6,000円程度です。

ADSL 

ADSLは一度は聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。コストパフォーマンスが良いため、光回線が出るまでは最も主流の固定回線でした。ADSLは最近では利用者が減っています。ネットの速度は各環境に依存してしまうため、早い場合もあれば遅い場合もあります。最も安く使いたいという方は選んでも良いかもしれませんが、ネットが重いと感じることもあるので、契約するときはそれを承知で契約しましょう。

月額料金は3,000〜5,000円円程度です。

モバイル回線の2回線

モバイル回線は全部で2回線あります。モバイル回線の共通しているメリットとしては持ち運びができるという点です。出張先でネットに接続をしたり、カフェや出先でパソコンで仕事や作業がしたいという方にとっては非常に便利なサービスです。なお、回線の開通工事が不要のため、契約して端末が届いたらすぐに使用することができるという点もメリットと言えます。

逆にデメリットとしてはなんと言っても速度制限です。動画をたくさん見たり、オンラインゲームなどを行うと速度制限がかかります。速度制限がかかると、ネットが重くなるのでWebサイトのページを表示させるのもストレスに感じるほど遅くなることもあります。

モバイルルーター

モバイルルーターはポケットWiFiと言われるようにポケットに入るくらいのサイズの端末です。この端末を持ち歩くことで、スマホやタブレットはもちろんのこと、パソコンでもインターネットを使うことができます。以前まではポケットWiFiはネットが重いイメージがあったのですが、現在ではネットサーフィンも動画の視聴もストレス無くサクサクと見ることができます。

最近では、一人暮らしの方は家に固定回線を契約せずにモバイルルーターのみを使用している方も増えています。

月額料金は3,000〜4,000円程度です。

スマホでのテザリング

スマホが持っていればテザリング機能があります。外出先などでパソコンでネットを使いたいという場合は、スマホを経由してインターネットの接続をすることができます。しかし、テザリングはスマホの充電の消費が恐ろしく早いので動画などを見たり、一定時間ネットに接続しているとあっという間にスマホの充電は無くなってしまいます。しかも、テザリングをした状態で動画を頻繁に見ていたりオンラインゲームなどを行うとすぐにデータ通信量の上限に達してしまうため、パケット通信料が余計にかかったり、速度制限がかかってしまいます。そのため、スマホでのテザリングはちょっとしたブラウジングであったり、調べ物をするときに使うという程度にしておいた方が良いでしょう。

月額料金はスマホのパケット料金に準じます。

できるだけ負担を減らしてインターネットを使う2つの方法

f:id:gocchinko55:20160223125426j:plain

 

これからインターネットを使おうと思っている一人暮らしの方は、できるだけ費用を抑えた状態で使いたいと思っている方も多いことと思います。ここでは、できるだけ費用を抑えた形でインターネットを使うための方法をご紹介します。

1.光回線とスマホのセット割りの契約を使う

自宅のパソコンで3日間の間に動画を6時間以上見たり、オンラインゲームをするという方は光回線の契約が必須になります。スマホのテザリングやポケットWiFiではすぐにデータ通信の上限に達してしまうので、速度制限になってしまうからです。とはいえ、光回線を契約する上でも費用を安くする方法はあります。それは、光回線とスマホのセット割が効く契約を利用することです。各スマホのキャリアにもよるのですが、月々の利用料が500〜1,500円程度安くすることができます。

2.ポケットWiFiを利用する

外出先でもネットが使いたいという方はポケットWiFiを契約するのがオススメです。3日間で6時間以上の動画の視聴をしなかったり、オンラインゲームやテレビ会議、株のトレードなどを行わないという方はポケットWiFiで充分にネットを使うことができます。ポケットWiFiだけの契約であれば、固定回線が必要なくなりますし、スマホのネットもポケットWiFiだけにすればスマホのパケット料金を下げることができるので、毎月5,000〜7,000円程度の費用を抑えることができます。

最後に

今回は一人暮らしの方がインターネットを使うときの注意点と安くするためのポイントについてご紹介を致しました。本文中でもお伝え致しましたが、最近では一人暮らしの方でも光回線のような固定回線は使わずにポケットWiFiで済ませている方も増えています。それくらい、最近のポケットWiFiのネットのスピードと使いやすさが向上していると言えます。今回の記事を参考にして頂いて、自分に合ったインターネット環境を整えるようにしてくださいね。